FC2ブログ

セカンドオピニオン・医療相談としての往診

2011.10.25.15:10

最近、往診のご依頼で、かかりつけの先生の治療方針、処方されるお薬、検査方法などについての確認や詳しい説明をもとめる、いわゆるセカンドオピニオンとしての往診依頼が増えています。

おそらくその背景には、かかりつけの動物病院を受診してもいつも混雑していて、十分な時間をかけることができないために、治療やお薬の副作用などの説明が不十分になってしまう、または、飼い主さんも気心が知れているだけに、かえって、疑問や質問があってもなかなか言い出せず、失礼なのではと感じてしまい、面と向って質問できないようなところがあるのではないかと思います。

確かに、いつもの先生には聞きづらいですよね。いつもお任せでお願いしているのになかなか治らない、本当にこの治療、お薬でいいのかしら、などと考え出すと先生への不信感がつのり、大切なペットのことを考えると本当に悲しくなってきますよね。
そのような時は、ご自宅で何でも聞けて、じっくり説明が受けられる往診のメリットを最大限に活用してください。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

高橋 寿夫

Author:高橋 寿夫
往診専門動物病院
GOGO動物クリニック院長の高橋です。
メール:toshiovet@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード